7月7日 おすわり!

e0082234_16163473.jpg
今年一番気になっていたタイオガのクモクモサドル
チタンレールとこのアミアミで脅威の

146グラム!

軽量サドル特有の人を小バカにしたような高額な金額でもない!

思ったよりもクッション性が高そうでこれならロングライドでも使えそう!

問題はどのバイクにインストールするか・・・

対ヒルクライムで軽量化するならSURLYかドラゴンだろうな~





e0082234_1617143.jpg
やっぱりリンクスに付けたい!

だって舶来製の高級サドル型超軽量特殊シートはかなりオンボロに・・・

トライアラー以外の方々によく言われるのが
「どうしてサドルもサドルの穴もないんですか?」
という問いかけに僕はいつもこう答えます。

「貧乏だからサドル買えません」

時々本気にする人もいて「ツッコミ不完全燃焼」を起す・・・

でもサドル付きのトラ車見ると憧れるな~



e0082234_16171270.jpg
鉄チンクロカン・ドラゴンに付いているフィジークのGOBIサドル。
大きいしなんだかこのノッペリして見るからに戦闘力低そうなルックスが嫌いだったけど

すこぶるコレ秀作!

適度なクッション性は初心者にも絶対オススメできます。
問題点は泥汚れが落ち辛かったくらいかな。

おすわり心地は最高なんだけどこのノッペリしたルックスが・・・
なんだか「真面目なクロカン」っぽくて恥ずかしい・・
目指しているのは「バカっぽさ噴出クロカン」。



e0082234_16172137.jpg
マイサドルの中でバカさと下品度では無敵状態のtheのダイスサドル。
ケダモノバイクテックインのくっ付いています。
おすわり心地は

猛烈に劇的に徹底的に堅い!

さらにエナメルっぽい生地は必要以上によく滑る・・・

数少ないメリットは雨に濡れても大丈夫! ガシガシ洗える! くらいか・・・

でもこのバカっぷりが好き♡

いまだに富士見やらでもこのサドルつけている人見たことないしね・・・


e0082234_16173111.jpg
SURLY号のサンマルコサドル。
これは非常に秀作! 
触った感じでは「堅い!」イメージですがクッションではなくサドル後方の
2枚の羽型部がかなりしなるので全く「堅さ」を感じない!
だからヒルクライムでも問題なかったし、300キロを越えるロングランでも
今のとこは問題なし。 若干生地が弱く磨耗するのが早いかな?

サドルってやっぱり選ぶの大変!
実際に走ってみて良いと感じても100キロ以上のライドをして始めて感じる
違和感もあるしね・・

所有バイクの中には「サドルってなんですか?」ってのもいるけどね。


e0082234_16174224.jpg
おすわり心地ダントツの一位!

ここまで来るともう「サドル」ではないかも・・
実際このサドル、職場のイスよりはるかに心地よい。

背中もメッシュで涼やかだし!
でもこれ濡れるとスポンジが「コレでもか!」と言うくらい水を吸ってしまう・・
by yama-inu26 | 2006-07-07 16:18
<< 7月8日 個人TT観戦! 7月6日 ブルーノ! >>