8月16日 南アルプス 北沢→両俣小屋

e0082234_15554888.jpg

なんだかずいぶんと更新が遅れてきましたがようやくここまで到着・・
という事で全国230万の
猿人エテ公チューバッカSATOOファンのみなさまお待たせしました!
「山と花と猿」山盛りでございます♡





まだ陽が登る前に車から這い出して荷物の最終チェック。
用意していると乗り合いタクシーのおじさんに声をかけられ
タクシーで広河原まで進みます。
広河原から北沢峠まではバスにて移動。

北沢峠では大勢のハイカーが北岳、仙丈、甲斐駒、鳳凰三山と皆様それぞれの
山へ進んでいかれます。
本日のボク達は小仙丈岳、仙丈岳、大仙丈岳、仙塩尾根を進み
本日のテン場「両俣小屋」までのロングルート。

たぶんこの広河原からスタートする皆様の中でボク達が
一番のロングルートだと思うんですが







なぜだか最後に出発・・・

e0082234_1556332.jpg

森林限界までは猛烈に美しい原生林が続きます。
SATOOはコケが好きなようでニコニコ顔。
確かに苔生した倒木なんてのは言いようのない美しさなのです。


実は今回の山行はネタがすくない・・・
基本的にヴァカを基調にしたヴァカイヌブログなのでいつもと少し内容と
雰囲気が違うのですがそれ以上に違うのが
ボクとSATOOの会話。
いつもはみんなでヴァカ満載の垂れ流しな意味不明な会話なのですが
今回は一日一人数百回以上






「わあ~♡ キレイ♡」




を連呼・・・

サムライの国の日本男子が「わあ~♡」はまずいな・・・。


という事で「わあ~♡キレイ♡」をドドンと・・。
e0082234_15562020.jpg

チシマキキョウだと思います。
バックに見える白い山は個人的に最も大好きでたぶん今までに一番登った山「甲斐駒ヶ岳」。
北沢峠から仙塩尾根のルートは晴れれば甲斐駒が丸見えで甲斐駒好きのボクにはたまらないんです。

e0082234_15563170.jpg

小仙丈岳からは森林限界を超え岩稜帯を進み
今回の山行で始めての3000メートルオーバー「仙丈岳」山頂へ到達。
SATOOは人生初の3000メートル。 おめでとうございます。

てか、人少ないね。
ここまで来るのに20人以下だった・・。

大カールと高山植物がウリで「花の仙丈」と言われるだけあって夏の高山植物が咲き乱れます。

ニホンシカの食害で随分と少なくなったようにも思うのですが
それでもさすがは「花の仙丈」! その名は伊達ではありません。
もう2人で「わあ~♡キレイ♡」を一般人の10年分ほど使いました。
e0082234_15564448.jpg

今回の山行で最も多く咲き誇っていたのがこのチシマキキョウでした。
4日間でこの花だけで「500 わあ~♡キレイ♡」は使いました。
(今回どれくらい「キレイ」かというのをSATOOと「1わあ~♡キレイ♡」という
単位で表現していました)

e0082234_1557225.jpg

ミヤマミミナグサ(?)
もしかしたらタカネミミナグサの方かも

e0082234_155718100.jpg

標高3000あたりの岩礫地に咲く「わあ~♡キレイ♡」なお花たち。

SATOOもさすがにこの風景には言葉を失くしておりました。

「100わあ~♡キレイ♡」は「1沈黙」くらいのレートです。

e0082234_15573690.jpg

チングルマの花後の花穂だと思います。
あたり一面になびいていました。
てことは、もう少し早い時期だとチングルマの白い花だらけって事か・・
今度は初夏だな・・  なんて考えちゃうな。

e0082234_1558638.jpg

タカネヒゴタイ だと思います。
なんか「だと思います」が多いな、オレ。
高山植物って好きなんだけど名前と実物が覚え辛いんです・・ ボク。

e0082234_15583111.jpg

コレは大好きな花だから覚えてます。
トウヤクリンドウ。

夏花の一番最後の花なのでまだ蕾が多かったです。

e0082234_163317.jpg

南アルプスの女王らしい美しい仙丈岳ですが
本日は写真に見える稜線を全部これから歩くんです・・・
20キロを越えるバックパックを背負って。

e0082234_15584920.jpg

仙丈岳までは比較的歩きやすいラインですが
仙丈岳→大仙丈岳→仙塩尾根までのラインは結構険しいんです。
ストックを格納して岩場を進みます。
e0082234_15592512.jpg

バックパックの重さがあるので空身ならなんでもないトコでも結構怖いんです。

いつになく真剣なSATOO。
こちらが指示だすと「ハイ」と答えます。
この辺はサスケと同じ反応でなんか笑えるな。

e0082234_1559677.jpg

仙塩尾根って通称「バカ尾根」って言うらしいです。
まあ確かにバカみたいに長いんです。
しかもバカみたいに荷物重いし・・・
e0082234_15594137.jpg

しかしお天気最高です。
山梨側から見ると北岳の裏側になるのですが
真後ろに仙丈岳、そのさらに後ろに甲斐駒、
左前方には北岳、その後ろに鳳凰三山がチラリ、
そんで前方には間ノ岳やら塩見岳。
お天気のおかげでその全てが丸見え♡

やっぱりオトコは「丸見え」に弱いんですね。

e0082234_15595831.jpg

尾根筋を歩きながら高度を落としまたハイマツ帯へ。
雷鳥が見れたらいいな~ なんて思うのですがいるのはホシガラスとイワヒバリ。

途中でテンにも遭遇。
e0082234_1601672.jpg

「まだまだだよ。」
の答えに気持ちをわかりやすく顔にだしたSATOO。

しかし本当にこのオトコの体力は凄いんです。
初めての本格的登山でこのライン歩いちゃうんだもん。
荷物も16キロくらいは越えていると思うんだけどな~
まあドングリって基本的に「元気!」があり余って噴出してるから問題なし。
e0082234_1603520.jpg

初日で一番奥の山から手前の山の稜線の道まで歩くというロングルートですが
仙丈岳周りはテン場が少なく仙丈越えると次は両俣小屋までテン場がないんです。
やっぱりテントが楽しいから荒天にでもならないかぎり小屋泊まりはなしがいいな~
という事で初日はテクニックより根性! 気合で歩け! なコースです。


実は始めのSATOOがもし途中でダウンしたらビバークも想定していたのですが
フツーでしたSATOO。 やっぱり違うお星の生き物だと思います・・。
e0082234_1605614.jpg

初日のGPSデータ
総歩行距離17キロ
総上昇距離1614メートル

北沢峠がすでに2000メートルだから上昇距離は意外に少ないんですね。
(高低差とは違うよ)
今年歩いた奥多摩駅→三峰ラインの方が上昇距離は全然多いかも。
でも今回のラインは北沢峠から一気に仙丈へ登ってそこから
ダラダラと小刻みに登ったり下ったりで高度を下げていくから
「歩いた感」は特盛りです。ハイ。

クタクタで両俣小屋に到着してテント設営、即爆睡♡

今回の教訓と一部の方には役に立つ情報♡
いつもいろいろ面倒をみてもらってるヤマヤの大先輩に
「両俣はビールあったかな~」
の発言にキリン500カンを2本持参したのですが






両俣小屋はサッポロあるよ♡

確実にハメられたな♡

という事で全国のビア愛好家、及び黒ラベル愛飲家の皆様。





両俣小屋へ急げ!


そんなこんなで無事終了、明日に続きます

by yama-inu26 | 2009-08-16 17:56
<< 8月17日 両俣小屋→北岳山荘 8月15日 南アルプス前泊 >>