12月1日 電波出るんです。


e0082234_17112319.jpg

ボクが何かを欲しい、もしくは購入しようと思うと・・・





ボクから電波が出るらしいです・・・。



その電波は閣下の高性能違法電波キャッチャーに傍受され
いきなり閣下に言われるんです。






「何買ったの?」


タジろきます。
かなり挙動不審があふれ出します。
そして怯えだします。







「何買うの?」

これもかなりインパクトあります。


穏やかな夕食時に庭先にトマホークミサイルが着弾するくらいのインパクトです。



そのタイミングも凄まじく
例えば洋服を着ていて襟口から頭出した瞬間とか
バイクで遊んで帰宅し一本目のビアをグビグビと飲み干し
いざ「プハ~」をやるぞ!というタイミングとか
ともかくすごく無防備な瞬間に言ってくるのです。

しかも視線はこちらに向けない。
背中越しとか・・・・

さっきまで居心地のよい我が家だったのにその瞬間から



本庁第2取調室

になるんです。 

空気は途端にチョモランマ並に薄くなり
重力はズッシリドッシリ3倍ほどになり
心拍数はフル加速をはじめ
暑くもないのに汗が噴出し
目は北島コースケなみに泳ぎだし
血糖値は上がり(カンケーないか)
ガタガタ振るえだしてしまうのです。


という事でだいたいがバレてしまいます。

とは言っても生活に必要なお金はきちんと渡しているので問題はないんです。
ボクが何をどれだけ買っても問題はないんですが・・




問題はなくてもシステムがあるんです。 




ボクがフレームを買うとします。(過程の話ですよ。閣下。買ってないですから)
そんでもってボクはそれを隠密行動としてコッソリ密やかに
闇に隠れてその購入任務を遂行します。(あくまで想定ですよ。閣下。)

がしかし電波が出ているようで閣下に新しいフレームの存在が
明かになります。 ココからがその不思議なシステムが発動します。





「ガクだけズルい!あたしにも買って!」




という事でなぜだかそういう方向に進んでいきます。

例えば5万のモノを購入すると同価格帯のモノが閣下に納品されていきます。



もちろんボクのカードで・・・



このマキシマムに不思議なシステムを我が家では・・・・




「関税」




と呼んでおります。




関税率もビックリでヘタすると




150%


を越えることも・・・・  泣けてきます。





「日本男児が情けない・・・」
と言われてしましそうなのでボクもココで奮起して
今夜あたり勢いよく




ちゃぶ台ひっくり返してやる!





と思っていましたがよくよく考えたら










ウチにはちゃぶ台がない。







小国が大国に逆らうとどうなるかは歴史が証明しています。
正義は捏造され新型兵器の見本市のようになります。

という事で関税率高めの生活は続きます。

がんばれオレ。



親愛なる閣下へ。
別に何か購入した罪悪からこんな事書いているんじゃないですから。
あくまで全て過程ですから。
そしてダイソンは黄色のままでいいと思います。
色より性能で判断してくださると光栄でございます。    ガク。



がんばれ、オレ。

by yama-inu26 | 2008-12-01 18:25
<< 12月2日 メモリー 11月30日 右側から呼ばないでね♡ >>