10月1日 オトココバヤシの陰謀

e0082234_125081.jpg

本日はオトココバヤシとヤマサイへ。
ワールドワイドな僕たちが今回選んだ場所は「外国」!!





だって「外国語」だもん!

英語表示=外国
という素晴らしくシンプル構造の思考回路。


本日オトココバヤシとヤマサイに行こう!というまでのやりとり。
前日が雨なのでトレイル、クロカン、ロードは今回は見送り確定、
まあ当日は晴れないまでも曇りでもってくれるだろうと確信、
なんとなく決まらない雰囲気なのでとりあえずオトココバヤシに
「どのバイクを用意しておけばいい?」
とメールすると
「ボクはとりあえずトラ車で行きます。」
と返信。

あ~ 正しいトライアラーだな。 偉いな~
雨でもきちんと練習するんだな~
見習わないとダメだな。 
とシミジミ思いながらトラ車を用意。

で当日早朝にオトココバヤシが車でやって来た。
もちろんトラ車が積んであります。
ボクのパイ助を積み込んでさあどこ行こう? と聞くと・・・

「高尾に行こうよ!」とオトココバヤシ。

高尾かぁ~ 高尾にトライアルできる場所でもあるのかな、と聞くと

「ヤマサイしようよ!」

えっ????????????
「ヤマサイ?」

トライアルバイクで?

しかも



e0082234_1252018.jpg

20インチだよ。

オレさ、最近そういう遊びに最適なムラサキ色のバイク組んだよね。
登りがあるなら鉄クロカンもあるよね・・・

なんでトライアルバイクでヤマサイなんだ?とオトココバヤシに聞くと

「だってオレこれしかもってないもん」

やられた・・・・
完全にハメられた・・・

しかもオトココバヤシの計画では
1、車は高尾山口の駐車場に置いておく
2、そこから大垂水峠までヒルクライム
3、そんで下り
という計画らしい。

まあ「1」はいいよ。
「2」はおかしいだろ!結構あるぞ!

まず距離が!

ロードなんかじゃ余裕だけどさ、今日は20インチトラ車だぞ。
おかしい!確実におかしいだろ!

トライアルでヒルクライムって確実にゲロでちゃうぞ!

さっきも書いたけど、本気仕様のクロカンもってんだよ!
「3」もな!オレそれにピッタリのハードテイルDHバイクもってんだよ!

なにが哀しくて、なにが切なくて、

トラ車でヤマサイなんだ・・・・

e0082234_1253429.jpg

甲州街道で峠山頂まで行くというのはあまりに無謀だとなんとか
オトココバヤシを説得し山道でトライアルしながら進むことに
なんだかそれもかなり「ゲロ出る」度数高めな気がしますが・・・

ツーリングトライアル

なんだと己に7549回ほど言い聞かせて山に入ります。

しかしテュルテュル♡
本気で滑ります。

いや~ 175ミリだとヤッパリ相当きついです。

「あ~ 里山ライドでFサス175ミリはオーバースペックだよ」
と良識あるマウンテンバイカーの皆様はフロントフォークの
ストロークの数値だと思われるかもしれませんが・・・







ステム長なんです・・・ 175ミリって・・・

すげえ前のめり

全くヒルクライムに向いていません。 言い切れます。

ちなみにフロントにサスペンションは付いておりません。
サスペンションどころか




サドルもないもん。

てかポストの穴すらないですから・・・

問題はそれだけでありません。

なにしろパイ助漕いでも漕いでも進まない。 なにしろギア比が


18×12♡

あ~ ゲロ出ちゃうぞ♡

下りはどうかというとこれがまた「フロントフリー」だから
クランク止めていてもチェーンはフリーと一緒にグルグル回る。
しかも18Tという極めて小さいフリーなので
少しでも油断するとパンツの裾を挟み込んでズバズバ逝くんです・・・

あ~ 不憫だよ。 20インチトラヤマサイ・・・


そんな僕らにさらに試練が・・



e0082234_1255186.jpg

あ~ 確実にゲロでますね。 3回は出ます。 ハイ。

まあボクもトライアル界では
「必要以上なホッピング野郎」と呼ばれていますからね!
(本来なら恥ずかしい名称ですが本人は褒められていると信じております)
このなんの余裕でフルロックフルホップでね・・・・



てっ、出来るか!ヴォケ!

e0082234_126749.jpg

という事で階段は「担ぎ」です。

学生時にはクロモリのフレームのMTB担いでよくいろんなトコ登って
下って遊びました。 もちろんサスなんてまだまだ普及してなかったし
シフターもサムシフターだし、タイヤも前後関係ない時代でした。

フレームの前三角に肩入れてよく登ったな~
なんてなんだか懐かしい気持ちになるんです。 ノスタルジーだな~

という気持ちをぶち壊すヤツが・・・・・


e0082234_1264979.jpg

前三角が小せえんだよ!ヴォケ!

肩どころか腕が入んねえよ!!!!!

という事で173回ほど滑って「アヒィ!」なんて92回ほど叫んで山頂到着。


e0082234_1271636.jpg

オトココバヤシが「オレの酒が飲めネエのか!」と胸座掴んでくるので

仕方なく泣く泣く飲みました


うんめぃ~



e0082234_1274430.jpg

山頂から今度は小仏方面へ行こう!と盛り上がり
ズンズンと進んでいきます。
しかしオトココバヤシうまくなったな~
ホント上達してるし・・・・

まあちっとも焦ってもいないし
もちろんカッコイイな~ なんて微塵も思わない・・・・

オレ野菜の名前100以上言えるもん。

救いようのないヴァカですがどなたか救ってください・・・

e0082234_1282541.jpg

小雨が降っているので路面は本当に滑ります。
特に木道は切り株は本当によく滑ります。

どれくらい滑るかというとですね・・・


e0082234_1284812.jpg

マクれるくらいに♡

一発ドロンコ泥まみれ!

あばよ!


という事で「オトココバヤシ」劇場始まるよ~

e0082234_129310.jpg

「滑ってんじゃねえよ、これは
スライディングターン
だかんな!」
と本人は申しております。
あくまでもドリフトしているらしいです。
でもトライアル的には

「1点!」

とズバッと減点コールです。 はい。


e0082234_1292037.jpg

お~い 足は1点だけど手は5点で終了だよ~

本気で滑ります。
足出して着地と同時に足ごと滑ります。
たしかその場合は3点コールだと思います。

なんて考えながら走っていると視線感じるんです・・・

オブザーバー様の・・・
e0082234_1294441.jpg

滑る+かなりの斜度 な下り。
オトココバヤシのチャレンジは続きます。

e0082234_1210421.jpg

あばよ!

予想を裏切らない展開に感謝。
凄まじい勢いで草むらに消えていくオトココバヤシ。


e0082234_12103122.jpg

何度となくクロカンやロードで走り抜けた大垂水峠・・・
そこに今回はトラ車で到着。
不思議な心境です。 

で、ココからはアスファルトを下ります。
2気圧チョットの極太タイヤで・・
タイヤごとヨレルからすごい怖いんです。 下りが・・
20インチトライアルではありえない速度です。

もう一度言います。

フロントフリーが本気で怖い!
この速度でパンツの裾を巻き込んだら確実に転倒しますから・・・
低速でも巻き込まれると足ごと引っ張られバイクに
足四の字固め
しているようなポーズになるんです。

さらにフロントのディスクはトライアル仕様の525。
カツン!カツン!と極端な効き方・・・
リアはマグラのHS33、シューはコッテリとトラ専用のシュー。
もちろんリムにもカッターでサンディングしてあります。
凄まじく早く無くなるシューなんですね・・・
しかもサンディングの賜物でブレーキかけると
なんか轢かれたか?
な凄まじい音がします。 (どんな音だよ・・・)

と登り&ヤマサイ以上に恐ろしい下り・・・

なんとか無事に下山して本日の感想は・・・

なんだかんだで楽しいね♡

結局バイクと仲間と少々のヴァカ思考があればいつも楽しいんですね。


「また来ましょう!」
と爽やかに微笑むオトココバヤシ。


「MTBでな!」

と険しい表情なボク。


次回は是非MTBで行こうね。 コバヤシ君。



by yama-inu26 | 2008-10-01 16:36
<< 10月2日 閣下のモノマネ 9月30日 お祭り >>