8月20日 シマアジの臨終

e0082234_22551919.jpg
なんとなく天気が悪くなりそうな水曜日。
そして閣下から「お魚食べたい」とのお達しが発令。
ということで海へ! 
海は少し荒れ気味でしたが昨年のように海水温の異常な上昇もなく魚も元気でした。
しかしなぜボクは船に乗ると「兄弟船」のサビの部分だけがオツムの中で
グルグルし始めるんだろうか? まあ同じ三重県生まれだからか?
でもやっぱり漁船にはこの歌だなと改めて痛感。 (サビしか知らないけど)
ということで本日の水揚げ
マダィとシマアジが2本づつ。 
もう少し大きいのがいいな。特にシマアジ! 
ライン10ポンドだとこのサイズが限界かも。ちなみにリーダーは8ポンドクラス・・・






e0082234_2256168.jpg
真鯛はおすそ分けしシマアジのみお造りに!
もちろん御頭つきでお造りに!
そう、閣下が怖がる「顔面ギョロメ料理」なのです。
閣下曰く
「こっち見ているから、お願い目を閉じて!」
閣下へ・・
魚には瞼がありません。 (小学生の教科書より抜粋)

でも頭がないとただの「お刺身」になるからどうしても「御頭」付けたいんです!

ということで閣下はいろいろ考え始める。



e0082234_2256198.jpg
「7時23分ご臨終です。」
世界中探してもこんな「お造り」ないよ・・・
すげえ食べ辛いもん。
なんだか悲しい気持ちがこみ上げてきます。



e0082234_22563865.jpg
「あ~ いいお顔ですね」
ってオイ!お通夜か!?
食卓上に繰り広げられる「お通夜なお造り」。

リビング中になんとなく広がる葬祭的な重さ。
これ以上ないくらい「辛気臭い」空気が急激に立ち込めてくるのです。

ということで閣下に「非常に食べ辛い気分になる」と異議申し立て。





ということで閣下の「プラン2」は・・・。



e0082234_22565176.jpg
プライバシー尊重中
葬祭的な雰囲気は一層されたけどこれはこれですごく気になる。
落ち着いて食べれないですよ・・・  閣下。

やっぱり「視線」というか「眼力」というか、「目」がないとダメだと思います。


e0082234_2257790.jpg
閣下のバカァ・・
そういうことじゃないんだよぉ・・・
しかも「目」書く角度が違うし・・・
しかもね魚には瞼もないけど
まつ毛はもっと無いと思います。
シマアジはとっても美味いのですがテンションは「お通夜レベル」まで低い夕食でした。


by yama-inu26 | 2008-08-20 22:54 | ごはんにまっしぐら
<< 8月21日 NEW SAINT 8月19日  YETIカッコイイな~ >>