6月8日 緑山練習

e0082234_1145262.jpg
本日は月イチの緑山コース開放日!いざ緑山!
午後からの開放なので朝からまずはBMC号でとりあえずは羽田方面へ。
なんだか多摩川サイクリングコースはたくさんのロードが走っておりました。
みなさまデローザやらコルナゴやらなんだか高貴なロードばかりでございます。
なんだかBMC号みたいなピュアロードにボクみたいなホッピング野郎が
乗っていていいのだろうか・・ という気持ちいっぱいです。

お昼前には緑山へ移動。

取り返しがつかないほどドングリ化し始めたサスケ1号デラックス。
筒状のモノを見つけるとサクサクと股間に入れ始めます・・・・
阿鼻叫喚的な進化を続けるサスケ1号デラックスに乞うご期待!





e0082234_1165448.jpg
そんなサスケも走り出せば速い!
そろそろ新バイクになるような話もチラホラ・・・
今度はどんなフレームになるかかなり興味深々です。

きっとそのうちどんどん速くなってエースやSatooみたいになってしまうのだろう・・・


e0082234_1173021.jpg
話題の超新星「ノリノリ」。
この超新星初めての緑山に大興奮なようでワッセワッセと乗りまくり!!
MTBノービスだからサッシテアリヤマやらNaotooと同じクラスでデビューか?
そうなるとサッシテ、Naotoo大ピンチ! 
ライバルは才能が開眼する前に眼を摘み取っておけ!
もしくは買収だね。
まあでもこの超新星男はもしかしたらビックバンという名の大転倒で逝くかもしれません。
ダイナミックを超えたゴージャスな「ぶち刺さり」をメイクしてくれますから!!


e0082234_1175539.jpg
本日エースは新フレームMacmahone ELIOTT(アホダモン エロエロ)で緑山!
なかなか調子がよさそう、いやむしろ絶好調のエース。

という事で楽しそうに練習するエースからアホダモンを奪い取り早速試乗&試走。
まずは重そうに見えるフレームは乗ってみるとかなり軽く扱いやすい。これは意外!
それは剛性でも言えるのですが「硬い」というより「キッチリ剛性がある」という感覚。
狭さも数値よりはるかに動けるので問題ありません。
そして特筆すべきはロックショックSID! これ正直欲しくなります。
たぶんエースは80ミリ設定だったと思うのですが、キッチリ最良の仕事してくれます。
硬くもなく、かといってへタレ感もなく、剛不足等のダルさもない。 それでいて1500g以下!
確実に中の小人が「エリート組」なんだなと思います。 
ボクのマルゾッキの倒立サスなんか確実に中の小人が「体育会系の筋肉馬鹿」だもん。

コース走ってみるとフレームとサスのセッティングがベストでバンクは
安心して刺し込んでいけました。(事実マイバイクより大胆に刺し込んでいけます)
安定感がハッキリわかるのでその分だけ体を動かせるのです。

正直ケチつけるつもりだったのに逆に欲しくなりました。
たった一つのケチは「ブレーキがボクと逆!」。 危うくゴール地点で伝説作るトコだった。


e0082234_1182512.jpg
Naotoo&GT号。
なかなかない組み合わせ。
いつもはMTBだから違和感ムンムン。
でも実は画的な違和感よりたぶんBMXで走るNaotoo本人が
かなりバイクに違和感を感じているようです。
たしかにMTBと違ってBMXは「現実的」に「躊躇うことなく」ものすごい勢いで
スッ飛んだり、吹っ飛んだり! それはもうワンパクな小悪魔的乗り物です。

実は今日ジェットも緑山デビュー!
しかもBMX・・・。 
何枚か写真撮ったのですが・・・
なぜだかボケばかり・・・ トライアルといい、なぜだかこの人は
写真で撮るとボケるんです。 もしかして・・・ もしかして・・・

電波出してる?
そんなジェットですが本日JOSFに年間登録していました!


e0082234_118526.jpg
最近トライアルに乗っている姿を見ないのは
内緒
にしてくれと話していたサッシテアリヤマ。
なんだかどんどん速くなってきました!!
どれくらい速いかというと


コケると逝けるくらい



e0082234_1195061.jpg
でボクのGT号北京仕様。
44Tから46Tというダイナミックな進化!
クランクも180から175へ!
46Tは重いですが漕げないほどではありません。
ある程度速度が乗り出すとそこからの漕ぎの加速はハッキリ言ってボクには
制御不能・・
結局加速し過ぎてポコポコ手前でブレーキかけてしまうからあんまり速くなってないじゃん・・

実はクランクが175になったことの方が確実に違和感がありました。
まあ慣れてしまえばいいのだけれど、たぶん慣れるまでに
痛みという代償
を払うことになりそうです・・。


e0082234_11105670.jpg
北京仕様にも慣れてきて、さあこれから五輪バリの走りでビビらせてやろう!と思ったら
いきなり第一コーナーで「バキン!」と異音がしてチェーンテンショナーが折れた・・・
そんでもってチェーンが外れました。 五輪バリで驚かそうと思ったのに自分が
逝くほど驚いた。
 
危うくチビるトコでした・・・。

ボルトが二本ともバッキリ折れていたので修理は無理なので
とりあえずボルトを締めてなんとかコースーをナメて走るくらいは出来そうなので
コースに出ようとしたら今度はフロントタイヤがスローパンク。
パンクなんて滅多にしないのに・・・
これはきっとボクの五輪出場を阻む悪の組織の仕業だと信じて練習を終了。
で、問題は北京までもうわずかですが誰からもどこからも連絡がないんですね。
どうしてだろうか? きっと「サプライズ」なんだと信じております。



by yama-inu26 | 2008-06-08 11:07 | バイクにまっしぐら
<< 6月9日 陶人ヒデッキー 6月7日 闇練! >>