3月28日 蕎麦屋でブルゥース


e0082234_20143772.jpg最近すこし悔しくなんだか敗北感を味わったこと。
昼食は何にしようかと考えた挙句やはり蕎麦にしようといつもの蕎麦屋さんに。
お昼時という事もあり込み合う店内、まあ仕方ないんですね。
という事で2人用テーブルにサラリーマンのおじさんと相席に。
おじさんは少し前にオーダー済ましたらしくゴルフ雑誌を読んでおります。
温かいお蕎麦があまり好きでないの「盛り」をオーダー。
ここでおじさんチラリと雑誌越しにボクを見る。
なんだか嫌な視線になんとなく小さく「ムカッ」とするボク。







数分後ボクの「盛り」がおじさんより早くやってくる。
なんだか先に入店したおじさんより早く来るとやり辛いな~ 気まずいな~
しかしここでまたおじさんまた雑誌越しに「ちらっ」と見る。 
しかも今回はあからさまになんだか悪意とか敵意を感じるんですね。 ムカムカ・・・。
その直後お店のおばさんがボクのときより明かにでかい声でおじさんの昼食を配膳する。
「上天ざるお待ちどうさまです」
やられた・・・。  オレ「盛り」じゃん。 なんだろうこの敗北感は・・。

しかもおじさん見るからに威風堂々とムネを張り背筋を伸ばし
「あ~ 来たね、待ってたんだよ。 ボクの上天ざる 。」
と声には出さないもののその慢心の笑顔がそう言っている。
明かに差別的にそして確信的に盛りそばを食べる僕を上から見下ろす様な蔑んだ
視線が光線となり哀れで貧弱な「盛りそば」に照射されるんです。
エビ2本に野菜多数の驚異的な威圧力は確実にボクの自尊心を
破壊され粉々になりサラサラと音もなく崩れ落ちる・・・。 あぁ無情。

以前ボク「天ざる」、おじさん「タヌキ」というので優越感を味わったけれど
今回はボクの敗北です。 
終始オジさんの勝者からの蔑み光線にグッタリです。
ただの「盛り」と「天ざる」しかも「上」じゃあねぇ・・・。
by yama-inu26 | 2008-03-28 13:18
<< 3月29日 お花見クルーズ 3月27日 毒毒美味  >>