1月31日 アサダくんの財布

e0082234_10262732.jpg
昨日の朝のお話。

休日は早起き! という家訓により朝からGT青色1号で無意味に走りこむ。
確実にロードが無い生活は肉体に余計な負担をかけていると思います。
1時間ほど公園で走ってからオトココバヤシとの待ち合わせ場所へ。
待ち合わせは8時。
であと15分は余裕があるのでのんびり帰宅。
で、自宅付近で・・・
「あれ? あれれ・・」





路上に転がる財布発見。
そしてまわりに散らばるカード類も発見。

とりあえず拾い集める。 車に轢かれないようにしながら拾い集める。
そしてもちろん良識ある社会人として当然交番へ!
と書くと格好はいいが実は
「誰かに試されているのかも」
という疑心暗鬼により仕方なく交番に持っていくミクロなボク。

交番へ行き「財布拾いました! 急いでいるのでよろしく!」

とオマワリさんに言うと

「ハイ。そこに座ってください」

だから急いでんだってば!もうすぐオトココバヤシがくるんだよ!
と心で叫ぶがオマワリさんはマイペース。

「今すごく急いでるんですよ」
とさり気なくアピール。

「今日は朝から寒いね~」

あんた、ワザとやってんのか? 急いでんの! わかる??

「え~と どこで拾ったのかな?」

「児童館の信号のトコの花屋の前です。」

「あ~ あの小さいラーメン屋の隣のね、てことはあのクアハウスのトコだね。
わかりますよ、あの児童館のね、うんうん、あのラーメン屋のね、
あそこの小さいラーメン屋の隣の花屋のね、 あ~ わかるわかる。」


やたらと「小さいラーメン屋」にこだわるな~



「え~と 地図があるからね、 どこだっけ?」



わかってないじゃん!

地図で場所を確認して名前と住所を記入。
まるで犯罪者の調書みたいだな・・
まあ、でもコレで終了かな・・・・
と思いきや!

「え~と 君にはね拾得者としての権利があってね」

そのお話長くなりそうですか?

さっきからコレとなく、なんとなく、当たり障りなく

「急いでいる」
とお伝えしていますよね。
もともと権利など求めるならネコババするっつうの!
という事で

「権利パス!」

これで開放されるぞ!
と思いきや・・  甘かった。

日本の司法制度は急いでいる人に優しくないのです。

「一応ね中身の確認するからね、立会いで確認しますね。」

確実にボクの「急いでる電波」は彼に届いておりません。

という事で財布オープン。

suika
ヤマダ電機のポイントカード
なにかの会員証多数
クレジットカード
キャッシュカード
西荻のスタジオのメンバーカード&ギターピック

そんでもって免許証。

コレにより丸坊主で少しヒゲのある若い男性だと判明。
そしてバンドマンでギタープレーヤーという事も判明。
そんでもって名前は「アサダくん」だという事も判明。

この瞬間
 「キレイなオネエさんの優しく甘い御礼」    
というナメ切った希望が音もなく崩壊。

しかしアサダ君は勢いよく大事な物ばら撒いたもんだな~
少しづつ「財布を勢いよく路上にぶちまけた男」の全貌が見えてきた。
大学に通うアサダ青年はミュージシャンを目指し、なんとなく弾けた自分を
売りにしているがその反面「郵便貯金」で堅実に生きるという堅牢さも持つ。
そしてうまく量販家電店のポイントを貯めて、いつかはマックを! と考えている。
つまり実は全く弾けていないのです。
ピックのブランドからして間違いなく彼のジャンルは
ロック系、しかもすこしハード。もしくはブリティシュ系。
だがしかしそれ系の連中は

ポイント貯めないんだよ!アサダ君!

ロッカーは郵貯なんてしないし

将来のことなんて考えてはいけません!


でもボクにとって一番の問題なのがこのオマワリさんが全くもってボクの現状を
無視してやたらとノンビリとマイペースに朗らかに

「あ~ またカードだね。 ん~ これは郵便局のだね~」

などとシミジミ哀愁漂わせながら確認作業を進めているのです。

このオマワリさんは「警察官」だからといって権力に
恐れて敬称つけていましたがもうこの際スッパリと

オッサン!呼ばわりで話を進めていきます。

しかもこのオッサンそうとう

トロっくっさい!!

でそんなボクの事情は微塵もミクロも考慮されないまま財布確認作業は厳かに進む。

そして事態はここで急激に「特捜最前線」もしくは「西部警察」化してくるのです。
なんとアサダ君のお財布内部から

サランラップに包まれた白い薬包発見♡

これアレですよね。 あれ。

デカイ黒人が鼻で吸い込んだり
虚ろな中国人が特殊なパイプで吸引したり
怪しいメキシコ人が静脈に打ち込んだり


と使い方はいろいろですが、共通項は

 気持ちいい♡ 

じゃなくて

取り締まり対象確定♡

で現在の状況を整理してみると・・・。

ボクとオッサンの間には長テーブル。
で卓上にはアサダ君の財布とカードとピックと

確実に怪しい白い薬包

よくこの薬包を観察してみると
サランラップの内側は白い薬包紙。
そしてその薬包紙はうっすらと油のような滲みが・・・
さらに中に確実に結晶した物質が包まれているのが外部からでも判別可能。

なにしろアサダ君はミュージシャンだ。

ミュージシャンが財布の奥に隠し持つ白い薬包紙に包まれた結晶体。



確実にアレです。


てかアレ確定♡




ココでオッサンに新しい動きが・・・

白い手袋装着♡

観た事あるぞ!
その手袋!
刑事さんが現場で着けてるあれだ! 

臨場感マキシマム!

でオッサン妙に改まってサランラップをゆっくりと剥がしていく。

緊張の一瞬だ。

だんだんオッサンが

「デカ長」

に見えてきた。

でオッサンがボソリと

「コレは出たんじゃないかな~」

ボクもそう思います。 はい。 アレです。

現場らしい空気にボクも思わず。

「これってクラックとかですよね~」
と言うと・・・

 「よく知っているねぇ~」 

カマかけられた・・・


で今度はサランラップ内部のきちんとたたまれた白い薬包紙をご開帳。

緊張の一瞬だ。






出た・・・。

結晶体だ。
薬物確定。

あ~ 面倒な事に「巻き込まれた度」がマキシマム。

これから現場行ったりすんだろうな・・・。


とここでオッサンが全てを覆す発言を





 「コレなんだろうね?」 




えっ・・・?

何って、これ薬物だろ!





てかアンタホントに警官か?


シミジミとじっくり結晶体を眺めるオッサン。
そしてオッサンが凄まじい事を言い出したのです。





 「匂いとかする?」 





えっ? これ嗅がせるのボクに?



てかコレ、もしアレだったら鼻腔で吸引しちゃまずいでしょ・・・




気持ちよくなっちゃうぞ♡




恐る恐る嗅いでみる。




画としては確実に吸引している画です。はい。



匂いしません。 もちろん気持ちよくもなりません。




 「匂いしないよねぇ」 

オッサンは首を傾げる。

そしてオッサンおもむろに






 ぺロッ♡  

ぺロッてあんた!まずいだろ! それは!

画的には確実に横浜の海運倉庫で深夜の取引。

でオッサンここで確信的に

 「こりゃあ いい塩だなぁ~ 辛いや!」 

アサダぁぁ! ややこしいことすんな!!

ワクワクドキドキしただろ!


アサダ君ったらロッカーのくせに

お清めの塩

なんて大事にしてました。


ロッカーが神仏に依存すんじゃねえ!



ちなみにアサダ君の所持金は1102円でした。
by yama-inu26 | 2008-01-31 19:18
<< 2月1日 遠すぎるぞコアラ帝国 1月30日 チタンは偉い。 >>