1月12日 グランプリだぜ!いえい!

e0082234_15135657.jpg
本日は早朝からあの「冨士スピードウェイ」に来ております。
もちろん自動車等のレース観戦などではなくバイシクルレースです。

本日はズバリ!

スーパーママチャリGP!

まあどのへんが「スーパー」なのかわかりませんがともかく「スーパー」なんです。

昨年初秋頃エースとの会話の中でなんとなく話題になり、
相変わらず勢いだけでエントリーしてみました。 
参加動物は 犬、ソフィ助、チューバッカ、槍エース、サッシテ、ハギノちゃん、サスケ、
サスケオットウ&オッカア、ジンペイ、マンゲツムラヤマ!





e0082234_15145324.jpg
緊張のスタート!
スタートもグリットスタート方式と本格的。
きちんと先導車が先導してくれるのです!
我らがチームの一番手は最年長戦う四十路オットウ!

でこのレース、もちろんバイクはママチャリ。
いろいろなバイク持っているけど実はママチャリは初めて。
てかママチャリ自体ほとんど乗ったことないいんですね。

で、本日のレースは怒涛の7時間耐久ママチャリレース。
もちろん走るは冨士スピードウェイ本コース(1周4、5キロ)
ココをチームで交代で走るんですね。

コースはもちろんピットからなにからぜ~んぶ開放!
つまりF1と同じ条件なんです。 違うのはママチャリかF1カーというくらい。



e0082234_1515593.jpg
このレースの車両規定はこんな感じ♡ (一部抜粋)
☆ お買い物用自転車であること。
☆ カゴが装着されていること。
☆ 車両にお金をかけないこと。但し、装飾による場合は除く。
☆ メインフレームの改造変更不可。
☆ ギアボックスやスプロケット等の駆動系の改造変更不可。
☆ 装飾自由。
☆ 言うまでもないが、競技用タイヤの使用は不可!
☆ 電動ママチャリ使用禁止。
☆ 怪しげな改造禁止。
☆ ママチャリの勇姿を保つ事。
☆ 走行性能を向上させる目的の改造はご遠慮下さいネ。

怪しげな改造禁止!ってのがサイコー! グリス抜いたりしちゃダメ!ってことですね。

(写真はスタートの瞬間!まさにクィーンのあの曲です!!)


e0082234_15151740.jpg
さらに凄まじいの主催者側が提示した持ち物リスト!(一部抜粋)
☆. 防寒着(エスキモー並みの製品を推奨)
☆. レースクィーン(2名以上を推奨、プロ・アマ問わず)

防寒着は納得です。マジで寒い! 本気で寒い! 
当日は比較的温かい雨天でしたがいつもはこの辺りは「アホウ!」と言うくらいに
寒いんですね。

で、レースクィーンは本当なら
伝説のレースクィーン(自称)で伝説のスーパーモデル(自称)の
タスマニアデビルことダニエルマリも参戦予定でしたが歳のせいなのか
風邪こじらせて欠席。という事でソフィ助とハギノちゃんとオッカアがレースクィーン。

(写真赤印は怒涛のスタート(約500人)に飲み込まれていくオットウ)


e0082234_15152864.jpg
特別ルールはこんな感じ (一部抜粋)
☆ ムキになったり、イライラしない! 
☆ 参加者全員、事前にHPを確認して内容を理解しておくこと!
☆ 楽しく走り、皆と仲良く交流を深める!
☆ 困っている女性を見かけたら、下心なしに助ける!
☆ 最後まで諦めない!(リタイヤ禁止令発令中)
☆ ヘアピンに中継ピットを設置します。ライダー交代はピットとヘアピンの2箇所で行う事ができます。これにより軟弱男子も安心してご参加いただけます。

この特別ルールは大事です! 問題は一本槍エースは下心なしに女性を助けられるか
どうかがかなり微妙です。なにしろかれの身体の半分は「下心」ですから。
残りの半分は「勘違い」と「妄想」が詰まっております。

(写真は恐山のイタコじゃありません。 予想外の登りに泣きそうなオットウ。
実はこのラップなかなかいいタイムでした。)


e0082234_15153959.jpg
今回のレースで一番の問題はママチャリの調達。
なにしろメンバーの自慢のバイクはサドルが着いていないトライアルが多いのです・・
という事でNOVAのツルさんに相談し届いたのは
khodaa Bloomのカッコイイママチャリ!!
ギアも着いて上りもスイスイ!
最近のママチャリはオシャレで軽くてかなり軽快に走れます!
なにはともあれ
ツルさん、khodaaBloomさまありがとうございます!

そしてバイクをわざわざ雨の中冨士まで運んでくれたイイダ御大に感謝!!



e0082234_15155210.jpg
当日は朝からの雨・・・・
でもたぶん中止にはならないだろうなという確信が
というのも大会サイトの質問欄に・・・

Q:当日雨が降ったらどうするのですか?
A:より過酷なレースになることは間違いありません。そして達成感がひときわ増します。正にレースの醍醐味と言えるでしょう!
  ご来場のみなさま&スタッフ共々みんなでがんばりましょう!

素晴らしい!なんてポジティブな思考回路!もし雪なら・・・ これも質問欄にありました!

Q:当日、突然雪が降ってきたらどうしますか?
A:これは手応えのある質問です。答えは一つ、皆で頑張ガりぬくしかありません!!
  レース中に雪が積もってしまったら来場者1万2千人による「極寒ママチャリ雪合戦 日本グランプリ」に変更するかもしれません。お楽しみに!

(写真はどんどん知的派が薄れ最近ではしっかり馬鹿丸出し痴的派になってきたジンペイ)



e0082234_151623.jpg
さらにこんな質問まで・・・
Q:レース中に転んで怪我したらどうなりますか?
A:痛い思いをします。
  先ずは場内の医務室に搬送してドクターの診断を受けます。状況次第ではそのまま救急車で場外の病院に搬送する事もあります。
  場内にドクターが待機しているからと言イって無茶はしないで下さい。ドクターも暇ではありません!

Q:参加申込み書の誓約書ョ署名欄に「印」と書いてありますが、ハンコを押すのでしょうか?
A:押してください。
  「印」とはハンコを押すと言う意味です。ハンコが無ければ「拇印」を押してください。まあ指紋は残りますがね。。。。


Q:寒いですか?
A:ぜったい寒いです!
  なぜなら真冬だからです。でも富士山頂に比べれば小春日和かもしれません。

(写真は子供用自転車は自由というルールを悪用し一般子供用自転車ということにして
サスケSPでサスケが走る!ちなみにチタン多用のリアル緑山仕様です♡)


e0082234_15161341.jpg
とまあお祭り騒ぎのイベントなんですが455チームやく8000人が参加!
主催者側も全ピットの開放などともかくいつもは入れないところに入れてなんだか
すごく楽しいんですね。
各ピットのトイレも使えるのですが昨年のF1日本グランプリの時に
アロンソやシューマッハなんかも使用したかもしれないトイレだと思うと・・・
なんだか緊張してしまいます♡ 
アロンソが使っただろう便座♡
アロンソが触っただろう蛇口♡
アロンソが・・・
って実はアロンソ君がどんな顔してるのか知りません♡
だってF1観ないんだもん♡ 名前だけならなんとか知っています♡

(写真はなんだか嬉しそうな戦う三十路新婚サッシテ! なんだかかんだ言っても
体力あるんですね。このおじさんも♡)


e0082234_15162473.jpg
しかし実際にコース走ってみて思うこと。
なぜこんなに広いのに車は曲がれないんだ?
F1もGTもダメだな~
オレなんてノーブレーキで曲がれるぜ!
と「速度の相違点」を確実に無視した考え方で
自己満足的勘違いのままコーナーをタイトに攻めていきます。
しかも多くの皆さんが
「憧れのF1コースだ~」
と感動しながら走る中で
F1をほとんど観ないボクは
「グランツーリスモとおんなじだぁ~」とワケのわからない感動をしております。

(写真は加齢による基礎体力の低下は「クロカン車を持っていないからだ!」
 と思い切りのよすぎる勘違いをしているマンゲツムラヤマ氏。)


e0082234_15163745.jpg
雨の冨士スピードウェイは非常に寒い!
ピット内は火気厳禁ですがピット裏ではBBQエリアとして開放♡
という事でブーステントとサイドシートにて完全個室化!
5m×2,5mの広さに七輪3基とダルマストーブで暖房しているので
この中は非常に温かく鍋やら焼肉やら餅やら持ち込んで
レースの雰囲気など微塵もなく自分の出走が回ってくるのを待つのです。
(エース、satooだと約9分で1周、女性陣でも15分切る位。)

(写真 「毎日ママチャリで走っているから任せとけ!」と言い放つだけあって
 かなり好タイムで帰還するオッカア。 )


e0082234_15164857.jpg
初めてのレースに少し緊張気味のソフィ助。
ドングリの動物達とも仲良くなり確実に
satoo=猿

というようにソフィ助は認識しております。
自宅に帰ってからも嬉しそうに閣下に
「猿は速いんだよ!」
とか
「猿は疲れるとアゴがカクカクするんだよ!」
と話すのですが閣下はなんの話だかチンプンカンプン・・・・


e0082234_15165927.jpg
実際このコースは登りが多く女性にはチト厳しいコースだと思うのですが
ドングリ女性陣はみんな結構速いタイムで走っていました。
特にハギノちゃんは
「さすがにまだ戻ってこないだろう」
と思っていたらかなり好タイムで帰還しライダーチェンジ・・・
走行している写真を撮りそこねました・・・ (ハギノちゃんごめん!)


e0082234_1517994.jpg
1周以上走る場合はピットロードでなくホームストレートを走行!!
このストレート、本気で長いっす・・・
最終コーナー上ってからストレートに入りピットロード入り口を通過・・
そんでもってスタートゲートを通過・・ 
さらに漕ぎまくるとピットロードとの合流を通過・・・
この辺でようやく第一コーナーが見えてきます。
グランツーリスモではあっと言う間なのにな~
と、ここでも人とは違う馬鹿丸出し勘違いが噴出。

実際2周続けて走るとかなりキツイですね。
で写真のこの人は3周連続!
しかも各周9分前後!
しかも3周目はなんと9分切り!
相変わらずマキシマムな男です。


e0082234_15172188.jpg
こんな人たちも・・・
「頑張れ~」
と応援すると
「イィィィィ」
としか言わない! 
というか言えないんですね・・
しかも長いピットロード通過中にみんなの声にこたえ、その都度「イィィィ!」をやる・・
だからコース本線よりもピットロードの方が疲れるんですね。


e0082234_15173447.jpg
バナナクッションをもらいご満悦のチューバッカ猿Satoo。
実は7時間のうち5時間はBBQムードでなんだかマッタリしていましたが
サッシテ&ハギノ夫婦が気づいてしまったんです。
「現在25位だよ」
この一言にドングリ爆発♡
ジンペイ→サッシテ→ガク→エース→サル→エースの勝ちのパターンへ移行!
絶対誰にも抜けれない! 作戦は大成功!
1周ごとに確実に順位を上げて行きました!!

結局38周でチェッカーフラッグを受け終了!!



e0082234_1518218.jpg
本日のお疲れさまな人々。
雨の中でしたがみんなでワイワイと楽しいレースでした!
ソフィ助もすごく楽しかったらしく
「また出たい!」とやる気満々!

ともかく怪我もなく無事7時間を走り切れたので大満足!


e0082234_15181614.jpg
本日は参加チーム約450、ライダー8000人のレースでしたが
Satooとエースのラストスパートで
なんと13位!
最近確実に「総合自転車競技集団」化していますが
きちんとトライアルも練習してますよ。ヤマグチさん!

バイクを提供頂いたkhodaa Bloomさん本当にありがとうございました!
おかげでかなり快適に楽しいレース展開になりました!

☆以前から興味のあったハブダイナモ。 初めて体感しました。
クリスキングあたりも作れば面白いのにね、ハブダイナモとか空気見張る君とか。











by yama-inu26 | 2008-01-12 15:13 | バイクにまっしぐら
<< 1月13日 練習♡ 1月11日 閣下に申請 >>