4月22日 全日本選手権第1戦京都亀岡!!

e0082234_16254465.jpg
中途半端にパラパラ・・・
自然現象だからどうしようもないけれどなんとなく
申し訳なく感じるあたりが「フラシ」なのかな・・・

という事で今年も全日本スタート!

そして微笑み1号はエリートクラスに昇格!そして参戦!

エリートクラスは20インチでは最上級カテゴリー!
う~んリュウタはどこまで行ってしまうのか・・・

なにしろこのクラスにはカズキ塾頭やらセレブケイタやら
完全に逝ってしまっている方々ばっかりだもんな・・・。






e0082234_162674.jpg


大きいコンペの楽しみの一つにいろいろな人に会えること!

関東一のクルクルパーと東海一のクルクルパー夢の対談

今年の春から大学生になったカネオカァー。

昔は相当の悪で

折れ折れ詐欺

などの暗い過去もありましたが今では立派な大学生です。

e0082234_16262532.jpg


相変わらずスムーズになめるようにセクションを
進むカズキ塾頭のラインにみんな注目。

かる~くポンポン進むから簡単そうに見えるけれど
マネすると亡き祖父の所まで逝けてしまうこと間違いなし!

e0082234_16263562.jpg


ジュニセニ優勝候補のナオキはなんだかすごく落ち着いていた!
いつもならこんなセクで「落ちろ!落ちろ!」と心で叫ぶのだけれど
なんだかハラハラドキドキしてしまう。 

ナオキやっぱりうまい!キッパリうまい!

実はすごく丁寧なラインを走れるライダーなんだね。

e0082234_16264732.jpg


どういうワケだか

タイムオーバーになってからのドボン!

このセク長い!地味なオットピ地獄があってこの岩場&川渡り
そしてまたオットピ地獄。 う~ん大変だ。

e0082234_16265928.jpg


同じところをクリアするエース。
このヘンに

サルと人の決定的な相違を強く感じるのですね。

しかしここホントギリギリでなんとか出られるって感じの長いセクション。

さすがにエースも息が切れていた。

その辺に加齢を感じてしまうのですね。はい。

e0082234_16271780.jpg


静岡のエキスパートライダー オオツカさん!
この長いセクションを完走!
がしかしアウトして第一声が

「息をしないといけません!」

三十路になるといろいろ大変なのです。

例えばこの日のオオツカさんはきっと

息を吐いてばかりで吸えないのですね・・・

このセクで気がついたのは20歳前後のライダーと
三十路ライダーおよび三十路予備軍(エース含む♡)とでは

呼吸音が全く違うのです!

三十路及び予備軍になるともうこの世のものとは思えないほどの
切なく哀しい音なのですね・・・。   言葉になりません。

e0082234_16273046.jpg


イッポンヤリ!

じゃなかった!一本橋に乗るエース。

いつもなら簡単なんだけれどこの雨で

テュルテュル!

こういうところで「基本力」がハッキリ出るのだろうな~

e0082234_16274127.jpg


最後は少し飛ばし気味で一本橋クリア!
今回のセクションは晴天と雨天でガラッと雰囲気変わるようなトコばかり。

e0082234_16275397.jpg


20インチ最高カテゴリー「エリートクラス」になると
こんなトコを「降りろ!」と言われます。

ライダーはヤマグチさんトコのタクミ君。

もちろんマインダーはヤマグチさんですが
ハリケーンの時のような雰囲気は微塵もなく。

優しいお父さん全開です。

ボクにもそうであって欲しいと切実に思います。

e0082234_1628416.jpg


こちらはカバサワさんトコのタクミくん。

後ろにいるのはテキヤのオジサンじゃありません。

タクミくんはこの斜面というか崖をきれいにクリアしたのですが
その先でなぜかダニパラでセクションテープを飛び越えるという
驚きの5点!本人も「やっちまいました~」と笑顔。

観ていて飽きないライダーのエリートライダーです。

e0082234_16281573.jpg


降りるだけではないのですね・・・

ここ登るのですね・・・
ちなみここ真っ直ぐな助走距離はほとんどありません。
根本的にコレはオートバイのトライアルのセクションだと思うのですね。
そしてさらにここ登りきって今度は下るんです・・・・。

エリートは意味がわからない・・・。

e0082234_16283338.jpg


どんどん遠くへ行ってしまうモリモリ。
異常な速さで上達しています。
しかも穏やかに見えて実はかなりのチャレンジャー!

練習の時も何気に凄まじいラインで練習しています。

そしてモリモリはセク周るのがすんごく早い!

いつもこちらがまだ1ラップ終わるか終わらないくらいで
モリモリはすでに2ラップ終わっていたりします。

まあそれはドングリが人一倍要領が悪いということなのですね・・・

e0082234_16284584.jpg


ナツキ様は新しいフレームで参戦。
この小さい体でこのステアにもポンポン上がってしまうし・・・・

あと数年経てばもう完全に逝っちゃってるラインで乗るんだろうな~

小さいライダーは体力がない分を独自の技で克服していくからすごい!
ナツキ様の「コキコキ」はホント見事! アレで斜面進んでいくもんな~

e0082234_16285722.jpg


すこし緊張しているサスケ!
それでもココイチバンではサックリと決めて見せるあたりは見事!

それにしてもなんだか最近この「小学生ライダー」はなんだかすごいな~
ともかく安定していてラインが丁寧。 降参です。はい。

e0082234_1629107.jpg


カネオカァーは20インチに変わりエキスパから怒涛の悪魔の巣窟クラスの
ジュニセニに! バイクもKOXXだ! カッコイイな~

e0082234_16292593.jpg


がしかしなぜだか反省ポーズ。
でもカネオカァ~がジュニセニって事はショーグンとガチンコだ!

という事は次戦の岐阜は

クルクルパータイトルマッチだ!!

楽しみが増えました♡

e0082234_16293491.jpg


公約どうりナオキしっかりジュニセニ表彰台!

ナオキ!おめでとう!

リンゴが好きだったり
手がモグラだったり
ラーメンが喉にダイレクトに入ったり
と話題に事欠きませんがトライアルだって一流です。

ジュニセニは実は上から2つ目のカテゴリー。
だからこのクラスで年間成績が優秀だと来年はエリートクラス!

がんばれ!ナオキ!


e0082234_16294642.jpg


やっぱりナオキはナオキだった・・・
表彰式が終わったとたんに何故だか下駄で登場しみんなで大ハシャギ!

しかしココが京都だという自覚が微塵もない!
ここから東京までが550キロだという自覚もない!
さらにこれから帰るんだという自覚もない!

そんでもって明日は普通に仕事だという自覚も全くない! イェーイ♡

で帰宅は深夜3時近くでした・・・・

ドライバーだったエースとsatooご苦労様でした!



























by yama-inu26 | 2007-04-22 16:23 | バイクにまっしぐら
<< 4月23日 公認です! 4月21日 ドングリ古都へ行く! >>