9月5日 ハリケーン!韮崎戦

e0082234_1904736.jpg


勢いだけで来てしまった感が溢れ出す・・・   久々のトライアルコンペ「ハリケーン韮崎戦」。
この乗り心地が劣悪な乗り物で本日は一日がんばろうかな、と・・・・。





と、ココで「イヌでもわかるトライアル」を。
セクションは全部で9セクション
1つのセクションはスタート後2分以内でセクションアウト(ゴール)しないといけません♡
スタート後は足を着くと怖いオヂサンになじられます。
片足1回着地で減点は1でございます。 両方の足が同時に着くと5点減点でございます。
そんでもって1セクションは5点減点で終了。 2分以上かかっても5点で終了。
頭とか手で身体を支えてもいけませんが基本的には











怖いオヂサンにバレなければセーフです♡



そんでもって9セクションを2ラップしていくんですが正直2ラップ目は意識がなくなります。

まあ他にもいろいろ細かいルールはあるんですがガク的には












怖いオヂサンに逆らわない♡



というのが最大のポイントでございます。
基本的に競技中はこの「怖いオヂサン」という名のオブザーバーが














「ここじぁあオレが法律だぁ~」



とダーティハリーのような存在なのです。


で、緑山や4クロスと革命的に違うのがセクションごとの















スタートがあくまで自己申告式なんです♡




緑山や4クロスのように「ランプ箱に入った生意気な外国人」が命令調で
スタートさせるのとは革命的に違います。
 特に緑山の外国人は「ランダムスタート」なんて意地悪もしてきます。

でもトライアルは自分で「入ります!」と宣言してからスタートなのでボクは非常に
気持が楽でゆとりを持ってスタートできます♡
これは非常にいいスタート方式で緑山でもこれを採用してくれればきっとボクも「脱、三位野郎」が
出来ると思うのですがどーですかね?サエグサ御大。

e0082234_191392.jpg

本日の怖いオヂサン代表です。

いろんな意味で怖いです。
まず、なぜだかボクの時だけセクション内の障害物が増えます。
そして通常ライダーの後ろでジャッジするはずなのですが
このオヂサンはボクの進行方向、というか50センチ前方で










仁王立ち♡



スタンディングが苦手なボクはここでも無意味にホッピングして耐えます。



さらにこのオヂサンは競技中にフツーに話しかけてきます。
しかもどこからか仕入れてきた「ドキッ!」とするようなネタを話してきます。
ヤクルトの古田捕手がバッターボックスのバッターにつぶやくのと同じくらい動揺します。
これは心が乱れます。 「トライアル」という競技は精神的な部分でも「トライアル」です。ハイ。

そしてこのオヂサンは隙あらばボクのバイクを隠します。
あまり時間がないので必死に探します。 トライアルはとても奥の深い競技です。

e0082234_1911540.jpg

久しぶりにヤマト親分に会えました。
いつの間にか中3だとか・・・
「サル(Satoo)は来てないの?」
とSatooさんを御指名。
Satooの事を堂々と猿呼ばわり出来るあたりは流石です。
実は数年前にSatooはヤマト親分とトライアル対決をして敗れているんです。
「敗れる」=「子分」という厳しい動物界のルールは弱肉強食が基本です。

ちなみにサスケビッチは絶対にSatooの事は怖くて「猿!」なんて言えません。

e0082234_191319.jpg

そんな「猿至上主義者」なサスケビッチ。
トライアルうまくなってるし・・・・
身体もどんどん大きくなりパワフルな筋力も付いていましたが











たぶんアホウです・・・・・



どうしてだか確実にアホウになってきました。
出会ったころは賢い子だったなのにな~















何が原因だろうか?

しかもたぶんもう直る事はないトコまできたな、という感触がハッキリあります。うん。

e0082234_1914491.jpg

黄色隊のタクミンもトライアル参戦。
かなりバイクテクはあるんですがやはりリアルトラには手こずるようで・・・・
まあでもきっとあっという間にうまくなると思います。

タクミンはまだボクのように小ズルイ事をしないので減点が多くなるんですね。

過去のコンペでボクは大きな岩の手前でスタンディングで停車していました。
そのころからボクのツマサキは厳重にマークされ

「あいつはコッソリとツマサキ付いてるから見逃すな!」

的な雰囲気でオブザーバーの目はボクのツマサキを完全にマーク。
その岩のステアの手前でもスタンディングで止まっていたんですが
その時にオブザーバーが
「なんだちゃんとスタンディング出来るじゃん!」
とボクのツマサキをマークしながら言ったんですが実はですね・・・・













隣の木の枝を頭で支えてたんです♡


だってツマサキしか見てないんだもん。

タクミンへ
汚い大人になってはいけません。


e0082234_1915683.jpg

最近昔のように身体が動かないというエース。
昔と何が違うのか・・・
と考えると










それはたぶん「結婚」という諸事情


という結論に結び付くんですね。





とい事で本日のイヌのセクション解説 
1セク
ポイントはちょっと高いトコから降りる(机くらいの高さかな)と
石垣を登ってまた机くらいの岩ステア乗り越えるトコかな。
が一番の問題はオブザーバーがイイケンさんなトコ。
まあボクの性格と乗り方が完全にバレているのでまあ緊張するんです。
だってズル出来ないんだもん。
で机くらいの高さからバイクで降りるとこなんですが
フツーの健全なトライアラーはダニエルかリベラで降りるんですが









ダイナミックなトライアルが心情

なボクはズバッと前降り♡

がしかし、やはり練習してないとダメですね・・・
2点付いてしまい、なんとか1点で誤魔化そうとしましたがイイケンさんは見逃しません。

後でマンゲツに聞いたらもっと楽に降りれるルートがあったんですね・・
ちゃんとセクション見ていかないとダメだなと反省ですが2ラップ目も同じルートで
同じ失敗を繰り返しました。  コンペ終了後にチャレンジしたら意外に簡単に・・・
きっとコンペ中は




イイケンさんから妨害電波が出ていた

んだと思います。 


2セク
2セクはもう凄いです。
だってカバサワさんがオブザーバー。
もうセクションの問題ではありません。
岩と斜面とかコンクリートの塊とかが問題ではなく














カバサワさんという動く障害物との戦い


コレが厄介なんです。ほとんど追尾ミサイルです。

進路方向で立ちふさがる
ぴったり後ろへ付いてしゃべりかけてくる(動揺ネタを連呼)
と思ったらアラ?静かになったぞ・・・・

と彼を見ると必死に笑いをこらえるカバサワ親分。

理由は・・・・









ボク、上のクラスのセクションに入っていました・・・・。



フツーのオブザーバー様は教えてくれるんですけどね・・・・。
気が付いた時には結構進んでいたんですがそれに気が付いて焦り始めて
なぜだかUターン・・・・
そのまま突き進んでも実は問題ないんですが爆笑するカバサワさんに惑わされ
しかも時間もなく一気に岩の転がる斜面を掛け降り転倒・・・  ハイ5点。

カバサワマジック恐ろしいです。



3セク
ここおもしろかったです。
最初の斜め岩がかなりイヤらしくコレはすごーく印象に残りました。
1ラップ目は最後で焦って転倒・・・
というか「オレだけフリップ」という名の前転でした。
2日前に買ってきたCWXがズバッと破けた・・  哀しいです。 短命過ぎだろ・・。

e0082234_192893.jpg

なんだかスゲーうまくなっているオトココバヤシ&シミズショチョー。
やっぱり練習してる人は違います。


で、イヌのセクション感想の続き

4セク
オブザーバーはサスケ父。
ここも厄介だ。サスケ父はたぶん知りすぎてる、オレの事・・・
しかもあの眼光はズルを逃さない・・・

救いなのは比較的セクションが優しい事。
がしかしフツーに通過できるハズがないんです。

助走つけて行けば登れる砂地の斜面を登ろうとするボクにサスケ父は・・・















「そこはホップだろう♡」


言われるとやってしまうがイヌの悲しい性・・・。

スゲーシンドイ。
もう嘔吐寸前だし大人として絶対に出してはいけない茶色くて臭いアレが出るかと思いました。


5セク
セクション的には落ち着いていけば問題ないセクション。
が、問題はここのオブザーバーが













褐色のマッチョ様


なんです。
このオヂサンにもボクの本性と本質がバレています。
しかもマッチョです。(意味不明)
眼光も鋭いです。 しかもヒゲです。 (意味不明)
地味に見えセクションですがマッチョマンの巧みなセクション作りで
ペダルが岩に引っかかったりと結構危険です。
さすがです、マッチョマン。



ボクのハリケーンの最大の楽しみはやっぱり「オブザーバー様との戦い」に尽きると思います。
その点ではボクは皆様の数倍楽しんでいるのだと思います。
だってオブザーバー様は確実に絡んできてくれるんだもん。

もちろん真剣にライドもしますがやっぱり楽しまないとつまんない!
正直な話、つまんないなら出ません。だって面白くないもん。
以前は「皇帝ヤマグチ様」というそれはもう身分の高いオブザーバーがいらっしゃって
もうボクは皇帝と目が合うだけで茶色臭い「アレ」が液状で出るくらいでした。
でも凄ーく楽しくて楽しくて!
また皇帝が戻ってくるのをボクは待っています!!!!


e0082234_1922138.jpg

親子でバイクを隠しやがるんだ!
バカサワカバサワ親子!
イボンヌタクミはバカっぽく見えて実は

















本物のバカ!

ですがトライアルは本気でうまいです。
もう次元が違うレベルです。さすがエリートクラス。
ですが

















本質的にバカなんだと思います。



で、イヌのセクション感想つづきます。

6セク
落ち着いていけばなんとかなるセクション。
コンクリートパネルの斜面を登るセクション。
漕いでいけるギリギリな斜度で漕いで行くのが確実に正解。
このセクに入る前に近くを通った世界チャンプのテライくんから
「ガクさんはホップだろ~」
と檄を入れられる。
泣けてくる・・・・

オレ、がんばる・・・
ホップで進む。


うんこ出たかも・・・・






7セク
ここが2ラップとも5点だった!悔しい。
ビジュアル的にちょっと怖い下りと砂で滑る斜度のあるセクション。
う~ん、ここはちょっとホントに出れないかも。
1ラップ目はタイムオーバー
2ラップ目はセクションテープオーバー
ちゃんと練習しないとなとしみじみ痛感したセクション。


8セク
斜面に岩からの前降りが憎たらしいセクション。
でもここは得意だぞ!
前降り大好き~♡
オブザーバーも良識あるジェントルメンなので気持ち的にも楽ちん。

9セク
ザクザクな砂利と斜度と下って登る切り返しの難しさ・・・
今回一番しんどいセクション。
2年前ならフルホッピングで抜けれられセクションですが
連続では20ホッピングが限界・・・・
2ラップとも3点、ちょっと悔しい。
後でわかったんですがこのクラスでは皆様5点だったようで
褐色ヒゲマッチョオヂサマのブログでも評価されていて
自宅でコッソリと大喜び♡  パパありがと!!!

日頃皆様から
「ホントにホップなんだな~」
と好奇の眼差しで見られてきましたがこのセクションでは
















「ホップ炸裂!ダイナマイト!」(意味不明)


どーだ!どーだ!
ホッピングの時代の幕開けだ!!

と感違いが音速で突き進んでいますがやさしく見守ってください。



なんてワイワイ2ラップ18セクション終了!
規定帰着時間より遅れタイムペナルティまで頂きました。










が!しかし!


e0082234_1923439.jpg

ビバ!三位野郎死守!!

正直なところ、今回は48点という大盛りなスコアだったので3位どころか6位入賞すら
期待していなかったのでちょっとうれしいです。いや、すげーうれしい♡


まあ1位のオヂサンがすげーうれしそうなのが気に入りませんが、まあ今度泣かしてやります。

今回のJクラスはちょっと難しいのかな?
優勝した「通報対象者」も44点だし、2位のライダーも48点。
いつもなら優勝は5点以内だもんね。
でも楽しいセクションばかりでした。

e0082234_1924967.jpg

今回ガク的に「スゲー!」と思ったのは
Mクラス2位のおとっつぁん!
もともとうまいんだけど2位は凄いな~ いやホントに凄い!!

凄まじく暑い気温のなかでこのスコアはホントに感服したしました。

e0082234_193435.jpg

このクラスはもう理解不能。
テライ君の走りはスムーズでスマート。
見ているとすごーく簡単に見えるのですがボクが真似すると
9セク×2ラップで














数百回の輪廻転生をするハメ

になりそうなのです。ハイ。

3位のリュータも神業に近いんですがテライ君と2位のシバタ君がそのうえだもんな~

e0082234_1932016.jpg

本日一緒に回ったシゲさん、お疲れ様でした!
暑さでもうグッタリです。ホントに暑かった~


久々のハリケーンでしたがすご~く楽しみました。
やっぱりハリケーンは楽しまないと損ですよ! 
まあ、最近はほとんどトライアルに乗らないボクが言うのもあれですが
ホント楽しいよ!
格式はある大会ですが敷居は低いです。
黄色隊のタクミンも楽しんでいたしね。

ある程度のバイクがあれば出れると思います。
で、1回目で「手痛い歓迎」を受けてそれに負けず2回目出ると楽しくなってきます。
ボクも最低でも月一くらいで乗らないとまずいな、と反省。

それに世界の頂点に立ったテライくんのライドやリュータのリアルトライアルを
間近かで見るのも楽しいですよ。まあミクロも参考にはならないけど・・・。
確実にDVDなんかより凄まじいです。
だってきっとライアンリーチより上手いんじゃないかな。ホントに。

特にボクは韮崎戦好きです。 初めて出たコンペもここだったし。

なんて言っていますが次回はいつ出るんだ?オレ・・・。

でもトライアルは好きですよ。(本当)

という事で自信を持って言い切れることは
たぶん今日一番楽しんだのはボクだろうと!!!


いつもナジったりからんでくれる心優しきオヂサマ達に感謝でございます。



by yama-inu26 | 2010-09-05 14:48
<< 9月6日 ハリケーンの商品の謎 9月4日 準備 >>