8月14日 北ア 表銀座縦走1日目 中房温泉~大天荘

e0082234_1519183.jpg


バスの中で目が覚め窓から景色を見るともうすでに山の中♡


 



そしてなんだろう?この雨は・・・・

という事で登山口中房温泉に到着。
夏季休暇、そして人気の燕山荘のあるルートなのでやっぱり人は多いのですが
人気の富士登山なんかと比べれば全然少ないレベル。
いつもボクの行くルートなどと比べると多いかな、という程度。

e0082234_15192815.jpg

初日からレインギア装備なんて久しぶり。
昨年はほとんど使わなかったからね。
とココでSatooとボクの脳裏にある同じ考えが・・・

昨年Satooとの山は夏も冬も快晴!絶景!雨ってなんですか?
て、感じでした。
事実、昨年の夏は南アルプス4日間完璧な快晴だったし
早春のスノーシューでの北八ヶ岳なんか樹氷が見れるのに気温8度!
というウルトラ「快晴コンビ」なんです。ボクとSatoo。

で、ここでやっぱり考えるんです。

「昨年と何が違うんだろうか?」

と・・・・・・


そして生まれる疑問、疑惑・・・









梅ニィ雨男説・・・・



そんなこんなで入山届けをポストに入れて出発♡

本日は合戦尾根→燕山荘→大天荘のルート。

e0082234_15194124.jpg

本日の特別道案内人
伝説の佐藤田吾作さん。

ゴアテックスやエントラントと化学繊維の溢れる現代の中で






木綿の手ぬぐい♡




を頭に纏いて「ささ、足元お気をつけて、こちらでごぜえますだ」とボクをエスコート。

e0082234_15195477.jpg

北アルプス三大急登と言われる合戦尾根。
危険箇所やテクニカルなトコはなくただ黙々と登る登る登る・・・
子供からじい様までアヒアヒ言って登ります。

小屋泊まりと違いテント泊は装備が多くなるので地味にシンドイな~

e0082234_1520982.jpg

雨の為ほとんど写真撮らずに合戦小屋到着~
ココまで来れば燕山荘までもう少し。
という事でここで休憩~

e0082234_15202235.jpg

合戦小屋と言えばやっぱりスイカ!

ですが雨のおかげで意外と寒い・・・
とてもスイカのテンションではありません。

e0082234_15203492.jpg

ホットカルピスうまっ!
あんまり甘いモノ得意じゃないけどココで飲むとウマっ!

e0082234_15204619.jpg

伝説の案内人、佐藤田吾作さんは温かいうどんがお好きなようで
黙々とうどんを賞味中。

「美味しいですか?」
と聞くと・・・
e0082234_15205858.jpg

「うまかっぺよぉ~」

だそうです。
田吾作さんは寒いの苦手ですからね。

e0082234_15211452.jpg

今回は雨という事でお花を撮る枚数が少なめ・・。
雨天だと一眼は「無意味に重く、濡らせない精密機器」というだけの物体に・・・。

大好きな花「チングルマ」は花穂になっていました。
コレ晴れていると風に揺れてきれいなんだけどな~

e0082234_15212798.jpg

結局本日は一眼の出番はなくリコーのコンパクトのみ・・・
あ~ もう使わないとホント重いぞ!一眼一式。
せっかくバッテリーも予備用意してきたのに・・。

リコーのカメラはレンズ曇るは雨にぬれるは・・・
がんばれリコー・・・。

e0082234_1521405.jpg

燕山荘の手前からハクサンフウロやトリカブトのお花畑~
花は濡れているほうが艶やかできれいですが
カメラのレンズまで濡れてしまうんです・・・。

e0082234_1521555.jpg

燕山荘はやっぱり人気あるんだな~
基本的にテント泊ばかりで小屋泊というと冬期の避難小屋くらいなんですよね。
でもココはすご~く評判いいからいつかは小屋泊まりもいいな、と。

大盛況な燕山荘でしたがボク達3人にはココは通過ポイントなのです・・・・。
ココから目指すテン場は大天荘。 まだまだ先です・・。

e0082234_15221351.jpg

なんだかガスも濃くなってきた・・。 景色どころか風向きによってはマッチロに・・・
でも気温は意外と温かい。
先日の台風の残党かな?

トリカブトもなんだか幻想的な霧の中へ・・・
まあコレ食べちゃうともっと「幻想的」な世界へ逝けるんですが・・・。


e0082234_15223210.jpg

Satooはレインギアをココまでフルで使うの初めてだよね?
だって「晴れ男」だもんね・・・。

なんとなくイヌとサルの疑惑の目はどうしても梅ニィに向けられる・・・

e0082234_15225443.jpg

燕山荘の先の花崗岩の砂礫の斜面には高山植物の女王「コマクサ」が♡

本当ならバックには槍ケ岳や穂高連峰がドーンと見えるハズなんですが・・・。

e0082234_15231410.jpg

コマクサも先日の台風のせいなのかなんだかグッタリ・・・
青い空と白い砂塵とこの花のコントラストは最高なのですが
今回はなんだか全体的にドヨ~ンな感じだな。

e0082234_15234077.jpg

ガスの中を歩いていると足元のハイマツから何かが走り去る。

ライチョウ!

ガスが出ると外敵に襲われないからよく出てくるのですが
まさか足元から出てくるとは! 
ホントにね蹴飛ばせるくらい足元から出てきたよ。
しかも親子♡

e0082234_1524076.jpg

なんだか曇っているのは故障ではなくホントに視界が曇っているんです。

親子で5羽いたんですが子供はもうそれなりに大きくなっていました。

先日の西穂~奥穂で見た親子はまだまだ小さく「ヒナ」感があったんですが
今回はもうしっかり「ライチョウ」らしくなっていました。

やっぱりなにか生き物がいてくれるとテンション上がって楽しい!

e0082234_15244225.jpg

燕山荘からは稜線歩き。
やはり皆様燕山荘で宿泊らしくいきなり無人に・・・。

本当なら左手には絶景が・・・

てか風強っ!!

e0082234_1525622.jpg

伝説の案内人田吾作さんから千葉の漁師に変身したSatoo。
ずーと2600メートルくらいの高度を歩いて行きます。

風が強くザックカバーが風にあおられるのでココで外して濡れるの覚悟で歩いたんですが
強風のおかげなのかどんどん乾くんです。
雨は小雨程度なんですが真横から吹き付ける始末・・・。

70リットルのバックパックは煽られ歩き辛い・・・。

e0082234_15252526.jpg

晴れていればココ最高なのに・・・
チングルマ見るたびにそう思います。


e0082234_15255433.jpg

ようやく大天荘到着~
さっそくテント設営ですがかなりの強風に二人は少し心配そうな表情ですが
まあ大丈夫! 厳冬期に比べれば問題なし!

梅ニィのテントはツーリングテントなので今晩はSatooのテントで寝ることに。

強風時の設営ってちょっとコツがいるけれど今回みたいに雨が小雨だと楽チン。

でも設営してテント入るともう出たくないな~
濡れたウエアをドライウエアに着替えてしまうともう出れません。

e0082234_15261438.jpg

とりあえずお湯沸かして身体を休めます。
隣のSatooテントからは二人の楽しそうな会話が聞こえてきます・・
ボクはソロテントなのでなんだかさびしいな~


e0082234_15263783.jpg

やっぱりダバダ~♪
風は弱くなる事はなくバタバタとフライシートを踊らせますが
コーヒー飲んでウイスキー飲んだら関係ないもんね~

厳冬期と違いもしテントが風で崩壊しても小屋へ避難できる安心感からか
のんびりとこの悪天候を楽しみます。

本日は約11キロの行程でしたが総上昇量が多い行程でした。
「のんびりと絶景と花を楽しむ」というのでこのコースにしたのですが・・

大丈夫!明日は晴れるんです!

そんな事でテント内ですることもなく5時ごろに就寝。

夜中までバタバタと風は弱まりませんでしたが
夜中に外を覗いたら少しだけお月さまが・・・

きっと晴れます!

by yama-inu26 | 2010-08-14 19:13
<< 8月15日 北ア 表銀座縦走2... 8月13日  出発~♪ >>