5月5日 八ヶ岳縦走最終日 赤岳鉱泉~赤岳~美濃戸

e0082234_1838135.jpg


本日はいよいよ下山の日・・・
あ~ なんだか下りたくないな。




とりあえずまずはズバッと朝ご飯。
朝は全日でカープヌードル&アルファ米がベース。
このカップヌードルのこのリフィルはコンパクトで軽くてゴミも少ないから山食にはピッタリ。
日清のサイト見ると結構いろいろあるようで「どんべえ」もあるようです。
冬なんか雪の中では温かいうどんなんてホント最高だと思います。


e0082234_18381415.jpg

結局心配していたお天気もバキッと晴れてくれたのでもう大満足。
てか最終日の本日が一番好天!!

これから2700m以上まで一気に上がるかるから日焼けするんだろうな・・・
しかも雪面だから気をつけないと目は雪盲になりそう。
 もちろんサングラスするんですがそれでもやっぱり目に負担はかかりそう。

e0082234_18382877.jpg

お天気がいいのでテント撤収などにモタモタしていたらなんだかのんびりな時間になりましたが
気持ちいい天候なのでテンションはドンドン上がっていきます。
赤岳へは地蔵尾根と文三郎尾根とどちらにしようか? 
で、結局なんとなく文三郎尾根へ。

e0082234_18384153.jpg

大同心、小同心に入るルートにトレースついていたのでだれか登ってるのかな?
e0082234_1838576.jpg

登ってる人を探してみるけれどコンパクトデジカメではコレが限界。
ココから見ると険しいけれど直下に立つとなんだかワクワクするんですよね。

e0082234_18391180.jpg

しかしいい天気でございまして、もう真っ青マキシマムな空!!

気温も上がってきたので稜線は風強いんだろうな。

e0082234_18392544.jpg

朝モタついていたので雪がすでに腐ってきた・・・。
ピックがうまくキマってくれないぞ・・・・。
キックステップもアイゼンズルズルだし。
空身ならなんでもないトコなんですが荷物あると結構スリリング。
この荷物で滑落し始めたらピックだけで止まる気がしないな・・。

e0082234_18394031.jpg

八ヶ岳を全山縦走するとどうしても厄介なのが阿弥陀岳(2805m)。
ルート上から少し外れているからどうしてもピストンになるのかな~
東天狗から西天狗行くような比較的楽なラインでもないし
赤岳→中岳→阿弥陀岳は往復だと結構かかるしそれなりにスリリングだもんな~
でもすごく楽しいラインです。そして阿弥陀からの展望はもう最高!

e0082234_1840065.jpg

文三郎尾根の中岳と赤岳山頂への分岐の手前はイヤ~な雪面。
左手でのピックってやっぱり苦手です。 そんでもって雪ぐずぐずだし・・。
高度2700m超えた辺りから紫外線がすご~く肌に突き刺さる!
サングラスしていても雪面からの照り返しはキツイです。
e0082234_18402438.jpg

分岐で中岳~阿弥陀岳へ荷物置いてのピストンしてしまおうかな~
と、相変わらず「思いつき」で生きています。
結局、中岳あたりまで行って時間的にチトキツイな、という事で撤退・・・。
「思いつき」は失敗と敗退を量産していくようです。

e0082234_18404359.jpg

分岐まで戻りそのまま空身で権現岳まで抜けようかな、と考えるが
そうすると荷物はどうなるんだ? 置き去りか・・・
かなりダイナミックなヴァカ満開だな、オレ。


e0082234_1841022.jpg

結局赤岳(2899m)まで空身でピストンして今回は権現岳、編笠岳までは抜けられず敗退・・・
気持ち的に折れました。ハイ。
気温上昇で雪がグズグズでイヤなんだもん・・。
陽が上がる前に通過しないとまずいんですね。反省
キレット小屋のトコのキレットや編笠岳から観音平までの長い下りを考えると
このまま美濃戸口まで降りたほうがいいな、と。

もう軟弱丸出しです。

e0082234_18411587.jpg

またこのやたらと重いバックパックを背負いなおして今度は右ピックで雪面を下ります。
視界が下方向なので高度感はあるな~
めんどくさいからシリセイドでズバズバ下りたい!な、とも考えるのですが
この斜度でシリセイドしたら確実に「テイクオフ♡」な勢いになるので我慢して慎重に降ります。
効き腕でのピックは安定感もあるんですがそれにしても雪がズルズルで・・。
もっと早い時間にアタックかければよかったな、と再度反省。

まあ反省はしてもたぶん学習はしないんです。ボクったら。

e0082234_18414319.jpg

行者小屋からそのまま美濃戸へ下ればいいんですが
なんとなく時間もあるので鉱泉周りで美濃戸へ。
良く考えると、このルートなら赤岳鉱泉に荷物置いておけばよかったんじゃあないのか?オレ。


e0082234_1842145.jpg

2000を切るとさすがに残雪もなくなり春山満開♡
でも日陰は根雪が氷化していて結構怖い。

e0082234_18423615.jpg

林道へ出て苔むした森林帯を通過中~

結局、赤岳鉱泉から誰にも会わなかった・・。
そんなに人気ないのかな~?

e0082234_18425536.jpg

笹のヤブ路って好きなんです。
コレで熊でも出てきたら最高なんですが
熊どころか人もいないし。

でもなんだか下山したんだな・・
という感じで少しさみしい気持ちです。


e0082234_18431614.jpg

美濃戸から茅野までのバスにも間に合い久々の自動販売機でコーラをゴクリ♡

仕事がらあまり堂々と言えないけれどやっぱり「ウマい!!」んですね。

そんなこんなで3泊4日の八ヶ岳は全日快晴!という昨年の夏の南アなみに恵まれたお天気!
お天気がいいと気持ちもいいんですね。

で、GPSを見ると4日間で約50キロの距離でした。
完全縦走までは行きませんでしたが意外に歩いたんだな~
まあかなり寄り道してるのでもっときちんと計画的に歩けばもっとシンプルな行程にできるはずです。

今回は比較的テクニカルな事がないルートなのでなんだか単純に楽しめました。
確かに荷物は多いけれど大きなバックパック担いでのテント泊縦走はやっぱり楽しいですね。

今夏は北アか黒部なんてのもいいかもな~ 
と帰路のすさまじく込み合った特急の中で考えてしまいます。
できれば学生時みたいに7泊とかがいいな~
と最近どんどんと「反社会的」というか「反会社的」な思想に開眼しております。

by yama-inu26 | 2010-05-05 19:50
<< 5月6日 新居襲撃 5月4日 八ヶ岳縦走3日目 黒... >>