アジア パセィフィック大会

e0082234_13413756.jpg
全日本選手権と同時開催のアジア・パセィフィック大会。世界各国からライダーが集結中。
もちろんドングリ戦隊も参戦。 う~ん、なんだか緊張・・・


e0082234_13421836.jpg
スタートがインターナショナル方式なのでステージ(トラックの荷台)から一人一人コールされスタート! いきなりダニ降りかよ・・・・
上位クラスはみんなスゴ~く美しく降りるんです。


e0082234_13425864.jpg
あっドングリ戦隊メンバーだ! 顔は緊張しているけれど彼はいつもこれくらいのトコはヒョイヒョイと飛んでるからね~  かっこいいよ!


e0082234_13432977.jpg
期待を裏切らないね、アンタは・・・   キッチリとスタート1秒後にパンク。
「ほら!パンクしてるでしょ」とまるで他人事のように指をさす・・・・ 早くリペアしなってば!


e0082234_13433414.jpg
パンクリペア中。 ここで一つの疑問が。 本日一番の晴れ舞台スタート時には私服だったのになぜかここではユニフォーム・・・   今後彼をスポンサードする皆様!彼はこういう男です!


e0082234_1344879.jpg
黒服「なあ俺ここ行くんだよな・・・」
黄服「ああ」
黒服「他人事みたいに言うなよ・・・」
黄服「大丈夫だよ。   きっと・・・」
黒服「きっと かよ・・・」
審判「残り1分!!」

ここは岩の高さよりも岩下が斜面でさらに砂利と浮石という残酷なコース。実際かなりのライダーがオロオロしていまし。


e0082234_13492135.jpg
美しい! トライアルは勢いでジャンプするのではないのです。あくまでゆっくりと・・・。上級者になるほどフンワリと飛び出します。
勢いで行くとセクションテープを越えてしまい大きな声で「5点!」と言われてしまいます。

e0082234_13494620.jpg
岩から岩へと飛び移る・・・・
なぜバイクでこんなことを???とトライアラーながら感じてしまう。ここを走ろうと思うライダーもライダーだけどここにコースを設定するほうも・・・・
トライアルは生活には役立たないと強く実感。

e0082234_1351753.jpg
腕を天に突き出しておられる方がこの会場各セクション内にいらっしゃるオブザーバー様でございます。 この御仁の右手から1本指が立つと減点1、2本立つと減点2、そして最後の1本が立ち指が5本になると・・・ 減点5でそのセクションは終了・・・  それはそれは辛い宣告なのです。 


e0082234_13514624.jpg
出ました!カズキ君だ! 今日も完璧にかっこいいです! だいたいよく見てくださいここ変でしょ!自然災害で土砂崩れの県道みたいなセクションです。 普通の崖です・・・ こんなトコにセクション作るなよと思っていてもカズキ君はヒョイヒョイと登って行きます。 思わず「ワイヤーアクション?」とさえ感じてしまう・・・  さらに左隅のオブザーバー様の手に注目。指立っていません。 クリーンで登ってます。です。はい・・・ 

e0082234_13521881.jpg
カズキ君はいかなるセクションでもなんだか楽しそう・・・  普通の人は歩いてでも行くのに苦労するのに・・  彼の周りだけ重力が半分なのか思うほど軽くヒョイヒョイと進んでいく・・

e0082234_13525227.jpg
決してかわいいからと言って心を許してはいけません。この会場内でヘルメットを着用していると言うことは・・・ ライダーです。もちろん彼も! さらに彼らはカズキ君を目標にしているからあと数年で世界選へ・・・・   今のうちにサイン貰っておこうかな・・・  悲しい現実。

e0082234_13532370.jpg
さあ表彰式!って・・・  あああああ! マッツン!!!! 3位だよ!入賞! ドングリ戦隊大金星!  すげえ! でもマッツン練習してたもんな~ 練習の重要性を再認識。


e0082234_13534913.jpg
うわ~!マッツン笑顔だ! おめでとう! これで彼はエキスパートクラスに昇格!すごーい!
マッツンおめでと!!!!!
by yama-inu26 | 2005-04-17 13:38 | バイクにまっしぐら
<< 闇練・・・ パンクの直し方 満開! 満開! >>