2月12日 ジャックおじさんのケータイ

e0082234_19575350.jpg


ジャックバウアーおじさん物語、ようやくシーズン6まで到達しました。
本当はボクは「LOST]の新章がみたいんですが
閣下がどっぷりとジャックおじさんにハマり込んでいて宅配サービスで
届くディスクは「24」ばかり・・・
で、まあ見るわけです。「24」。 で、まあ面白いわけです。
がしかし気になる事もあるわけで・・・






24は24時間の間に起きる様々な問題をジャックおじさんが解決していくお話でして。
まあその「問題」ってのも「ご近所の犬がうるさい」とか「あんたんちの木の落ち葉がウチに落ちるとか」とか
そんなご近所レベルの問題ではなくて、まあとってもマキシマムな問題がズバズバやってくるんです。

でね、その問題をジャックおじさんが解決していく段階で現場のジャックおじさんとセンターは
携帯電話でねかなり密に連絡取るんですよ。 まあかなり繊細な問題もありまして
逐一状況をお互いに把握しながら情報を共有していうわけですよ。
通常会話はもちろん、メールやらデータ通信やらするわけですよ。
いや~ ホント「携帯電話様々」なんですよね。

24時間の間にかなりジャックおじさんは携帯を使い倒します。

でね、ボク思うわけですよ。












充電切れねえのか?



と。

でもジャックおじさんがクレードルにセットしてるのは移動の車の中くらい。
しかもそれはほんの数分。



それにね「国家の行く末」を左右するミッションを遂行していくジャックおじさんは






悪い奴に殴られたり











悪い奴に蹴飛ばされたり












終いには撃たれたり







車に跳ねられたり





してもね壊れないんです。携帯電話。



まあ「殴られたり」「蹴飛ばされたり」「轢かれたり」、百歩譲って「撃たれたり」まではいいけれど












爆風で吹っ飛ぶ




は壊れちゃうぞ携帯電話。

たぶんGショック携帯でも壊れちゃうね。
それでも壊れないんだからさすがはジャックおじさん。
「もったいない精神」でモノを大事にするんです。






まあね、そんなミラクルはアクション映画にはよくあることだし、
アクション映画なんて12発装填の銃器で15発発射なんてミラクルは結構よくあるんです。
まあボクは大人だからこれ以上は突っ込んだりしないよ・・。


でもね、ただねもう一つ思うんですよ、ボクは・・・・



敵地や敵アジト内に侵入するジャックおじさんと愉快な仲間達はですね
音も立てず会話も手話みたいな合図と徹底してるんです。
なにしろ見つかって捕まったりすると、そりゃあもう「痛い事」のオンパレード喰らうわけです。

で、そんな隠密行動中は世界中のエージェントや突入部隊的には
手で合図、目で合図の「音禁止」は常識なわけですよ。


にもかかわらずジャックおじさんの携帯電話はね
















いつもマナーモードじゃない!






隠密行動中だろうとアジト侵入中だろうとフツーに鳴ります。携帯電話。

これはマズイな~
だって見つかっちゃうもん。

携帯の微弱電波で追跡されるのを防ぐために電源OFFだけでなく
「バッテリーを外せ!」とかなり本格志向な発言もしているジャックおじさんなのに・・
なぜだか携帯に出るときはいかなる状況下で敵地内だろうとアジト侵入中だろうと
ジャックおじさんフツーにフリップ開いて「もしもし、ボク、ジャツクだよ」くらいの感じで出ちゃう・・・。
ダメだろ。それ。確実につかまってまた痛い事されちゃうぞ。

骨伝導スピーカーとか喉貼り付けマイクとかなんだかボンドギアみたいなのがあるだろ!
21世紀なんだしさ。





と、難癖つけてはみたけれど、やっぱり素敵だジャックおじさん。
たとえ携帯がイノチキ臭くてもあんたはスゲーよ。
だからどんどんレンタルしちゃうぞ♡



ちなみに娘のキムはボクは嫌いです。 
だって問題ばかり起こすんだもん。


by yama-inu26 | 2010-02-12 12:03
<< 2月13日 恐ろしい黄色 2月11日 OAKLEYのバカァ・・ >>