1月30日 ブルームーン・ナイトウォーク

e0082234_16415557.jpg

1か月に2度の満月「ブルームーン」ということでナイトウォーク!
仕事を終えて21時に西荻を出て一路名栗へ。  24時前に入山。 





太陽光と違いやっぱり月光の方がやさしいんです。 寒いけど・・

気温はほんの少し氷点下を切るくらい。

e0082234_16421038.jpg

武装勢力ではありません・・。

これくらいの気温だとこれくらいのモノで対応可能。
兵隊モノってマテリアルも結構いいし、頑丈、しかもフツーに洗えるし。

問題は世間様の冷たい視線・・・

まあ今晩は絶対誰にも会わないから問題なし。


e0082234_16431983.jpg

捕虜確保。



コイツのせいでビア無し生活・・



コイツのせいでビア無し生活・・

コイツのせいでビア無し生活・・



コイツのせいでビア無し生活!!



膨らむ殺意・・・

e0082234_16433722.jpg

SatooとNaotooのほかに今晩は意外なゲストが参加。
チャーダイ!

もともとボーイスカウトなんかやっていてビバークなんかはお手のもの!


ということでみんなでナイトウォーク開始。

e0082234_16435828.jpg

登り始めるとやっぱり暑くなります。
てか今夜は少し気温高いかも。

本当はテント無しでビバークすると月光浴しながら寝れて気持いいんですが
朝方に気温低下時にモーレツに後悔しそうなのでテント設営。
チャーダイはNaotooのテントで寝ることに。
のちにこれがNaotooの災難につながるとはこの段階では知る由もなし・・・






テント設営後は焚火の準備。

ここでチャーダイが大活躍!
暗闇からどんどん薪を集めてくる。
やるな~ チャーダイ! と言いたいんですが・・・






e0082234_16442251.jpg

薪デカっ!


さすが元ボーイスカウト・・・

焚火=キャンプファイヤー

という絶対方程式で炉の大きさ無視した薪のでかさです。

さらにチャーダイの暴走は止まりません。




もう結構タップシ薪集めてあるんですが

「薪あつめてくる」

と月明かりの森に消えて行きました・・・



で数分後・・











e0082234_16445033.jpg

絶対燃え切らないから・・・・


この段階ではまだシラフなはずなんだけどな・・・。




でかいうえにつまずくんです、この丸太

e0082234_164510100.jpg

Satooとチャーダイはうまそうにウイスキーなんぞ飲みながら焚火談話。

ワケあって断酒中のボクはチャーダイによって「キャンプファイヤー」化された焚火を修正。

なんとか自分の好みの焚火になりました。




e0082234_16454851.jpg

ほとんど飲まずに疲れで眠ってしまうNaotoo・・・


気温はマイナス2度♡


ガク、Satoo、チャーダイ、三人の脳裏によぎる共通項・・・












「このまま放置だね♡」



ということで穏やかに眠るNaotoo以外の3人は特殊部隊ばりに物音一つたてずにテントに入る・・・


今は焚火があるから温かいが1時間もして薪が尽きればNaotooの「穏やかな安眠」は











「安らかな永眠」



になるでしょう・・・。




e0082234_1646218.jpg

こんな状態で放置してみました・・・。



まあこの際、この「三位野郎」がこのまま天に召されれば











試合放棄とみなして



ズバッとビア解禁!!

ということで、安らかに永眠してね、強敵として君を忘れない・・・。



しかしこれだけで済まないのがドングリ戦隊・・




Naotooとは高校時代からの付き合いのあるSatooが・・・・・


e0082234_16473440.jpg

靴ひも、左右合併に成功♡






もう笑いをこらえるのがきつかった・・・


あまりの寒さに飛び起きたのはいいが、靴が左右結んであるので
いきなり転倒するNaotooを想像するとこっそり見ていたいけれど
やっぱり眠いから、おやすみなさい。


テントの中でシュラフに入ると
隣のテントから笑い声を殺して「くっくっく」と笑う声が聞こえてきます。

確かにボクは「起こさないで放置しよう」と提案しました。
確かにSatooは靴ひも左右結びました。


でも本当の悪人は、さわやか好青年ぶっていますがチャーダイなのです。
まず第一に彼はNaotooのテントを借りて二人で寝る予定でした。
この段階で確実にこれ以上ないほどの「恩義」があるはずですが
サクッと平然と微塵もNaotooの心配などすることはなく
まるで自分のテントのようにNaotooのテントに入っていきました・・。




持主は地べたで寝てますが・・・・


しかも1時間ほどしてあまりの寒さに飛び起き、靴ひもに驚き、一人ぼっちに驚き、
「友情」とはなんであるか?という事を自問しながら自分のテントに入ったNaotooに対して
「ガサガサうるさいな~」と邪魔者扱い! というダイナミックなチャーダイ!

まあ「ドングリ」的には当然なことなんですが、さわやか好青年風にチャーダイがすると
なぜだかすご~く「悪人」に見えてきます。


とまあ、一人で全員分の貧乏くじを引いた感のあるNaotooですが
一応無事に温かく満月の夜を超せたようです。


明日に続く。  



by yama-inu26 | 2010-01-30 15:23
<< 1月31日 下山~トレイル 1月29日 KCNS >>