12月3日 遭難

e0082234_2357477.jpg


今年は珍しくというか、久々に冬山に気持ちが傾いております。




もともと寒いのが苦手、というか嫌いなんです。
だから雪中訓練が昔から大嫌いでした。

だいたいね厳冬期の冬山って同じ思い出しかないんですね。

厳冬期の上高地~槍ヶ岳~穂高  寒くて真っ白・・・





厳冬期の甲斐駒~鳳凰三山 寒くて真っ白・・






厳冬期の八ヶ岳縦走 寒くて真っ白・・・






厳冬期の木曾駒ケ岳 寒くて真っ白・・・






厳冬期の南ア南部縦走 寒くて真っ白・・・





パッと思いだすだけでも全体的、というかほぼ全部「寒くて真っ白」なんです。

しかも「寒い」のレベルが頼んでもいないのに「マキシマム寒い」んです。


顔面が凍るとかテント内がジャスト零度、なんてくらいならまだいいんですが










指が無くなる・・・





凍傷はまあ冬山やる以上は仕方ないんので指が無くなる位ならいいんですが、最悪の場合









意識もなくなる・・・




数日後には













選挙権及び戸籍も無くなる・・・



なんてことも・・・。

って話を閣下としていたらなぜだか















「わあ~ 疲労凍死だね~♡」







山岳小説読み過ぎだよ、アンタ。
「遭難」に恋い焦がれるヤツ初めてみたよ。
しかも自分はしたくないみたいだし。

だいたいね「疲労凍死」なんて一生に1回しかメイクできないからね・・・。
まあ、できればメイクしたくないけど。



そんなこんなで
「常夏の冬山」なんてのがあればいいな・・ と考え中。






by yama-inu26 | 2009-12-03 17:31
<< 12月4日 オーストラリアへ・・・ 12月2日 またまたトレイル~ >>